発達障害とグレーゾーン

query_builder 2023/04/23
コラム
IMG_1581

みなさんこんにちは!

八王子市を中心にベビーシッターをしているマリアンドテオです♪


みなさんは、発達障害やグレーゾーンという言葉を聞いたことはありますか?


「発達障害」は、脳の機能の発達が関係していて、生まれつきの障害である事が多いと言われています。
発達障害には、大きくわけて、自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠陥・多動症(ADHD)、学習障害・限局性学習症(LD)という3つのタイプがあり、同じ障害でも特徴のあらわれ方には個人差があります。

また、ひとつだけではなく、いくつかの発達障害を併せ持つも場合もあります。


IMG_1583

「グレーゾーン」は、発達障害の特性や傾向は見られるものの、発達障害だという基準の全てを満たしていない為、はっきりと診断確定がされていない事を示します。

また、先にも述べたように、発達障害は特性のあらわれ方に個人差があるので、グレーゾーンだから症状が軽いというわけではないのです!

ちなみに、グレーゾーンというのは、正式な診断名ではないんですよー。


では、なぜ確定診断がされないのか?


多くの場合、発達障害の特性が見られるのは、乳幼児期だといわれています。


ですが、乳幼児期は成長の変化が著しい時期であり、お子さんの言動や様子はその時々で変化することが多いです。


かんしゃくや強いこだわりも一時的なもので、環境の変化や成長とともに見られなくなることもあります。

なので、この時期に発達障害の確定診断や、グレーゾーンの判断をすることは難しいんです。


ちなみに、自閉スペクトラム症は46歳、ADHD58歳で診断がつき始めることがほとんどだそうです。

IMG_1584

よくお子さんの姿について、


わがまま、いうことを聞かない、生意気、協調性がない、人見知りや場所見知りをする、人や場所に馴染めない、好き嫌いが多い(偏食)、落ち着きがない、空気が読めない、勉強をしない、忘れ物が多い、怒りっぽい、声が大きい、よく興奮している、切り替えができない、几帳面すぎる、融通が利かない、マイペース、お友達とのトラブルが起こりやすい、登校(登園)をしぶる、なかなか入眠しない


とお話ししている方がいます(゚ω゚)


その子の性格や年齢的にそのような時期だと思っていても、それは思い違いで、もしかしたら、学習障害の可能性があるかもしれません。


また、発達障害やグレーゾーンであっても、日常生活に支障がなかったり、何となく、のらりくらりとこなせてしまうこともあります。

この場合は、グレーゾーンという判断も難しいですー`)

IMG_1582

我が子が「障害」だと言われるのは喜ばしい事ではないですし、簡単に受け入れられる事ではありません。


しかし、見て見ぬふりをする事はお子さんの為にはなりません。


よく勘違いが生じるみたいですが、「発達障害」「グレーゾーン」と言われただけでは、障害者手帳や受給者証は発行されません。


お子さんの特性を知る事で、お子さんが快適な暮らしをするためのヒントを得ることができます。


また、世間体やお子さんの社会的地位を考えて見て見ぬふりをすることは虐待(ネグレクト等)と疑われる場合もあります。


難しい課題ではありますが、やはり、向き合うことが初めの一歩です。


悩まず、考えすぎず、まずは相談をしてみると良いと思いますよー。


心療内科や役所や相談機関でなくても、身近な保育園の先生、学校の先生、学童の先生、スクールカウンセラーでも大丈夫です!


ひとりで抱え込まないで、吐き出してください。


「家ではこうなんですが、⚫︎⚫︎(保育園、学校)ではどうですか?」


これだけ聞けば大丈夫です!

あとは、聞き手側がうまく話を引き出してくれますよ♪


誰かに話を聞いてもらうだけで、気持ちが軽くなったり、考え方や視野がかわることもあります。

IMG_0437

発達障害については、何度かメディアに取り上げられていますが、世間には、まだまだ理解されておらず、誤解が多く知られていないことが多い。

故に、幼少期ではなく、大人になってからわかるということもあります。


ただ、これだけは自信をもってはっきりとお伝えします!


発達障害は、親の躾のせいでも、子どものわがままのせいでも、甘やかされている(甘やかしている)せいでもありません!


それだけは勘違いしてほしくないです!


語弊があるかも知れませんが、発達障害やグレーゾーンは知らないだけで、実はとっても身近なんですよ!

だって、7人に1人はグレーゾーン。

10人に1人は発達障害だと言われているんですから!


ちなみに、我が子が年長クラスの時、24人中6人は発達障害ないしグレーゾーンでしたねー( ̄∀ ̄)

通常、年長クラスは1人担任(プラス補助1人の場合あり)ですが、我が子の年長クラスは担任1人プラス補助4人の5人体制でした!

とっても手厚く、賑やかで楽しいクラスでしたよー(*´`) 笑。


だから、難しく考えないでほしいです!

本当に身近ですから!


これを機に、発達障害やグレーゾーンについて考え頂き、理解して頂けたら嬉しいです(^^)

記事検索

NEW

  • 2024年、新年度スタート!

    query_builder 2024/04/03
  • 発達障害とグレーゾーン

    query_builder 2023/04/23
  • マリアンドテオ久々のコラムです

    query_builder 2023/03/07
  • 「お問い合わせ」機能について

    query_builder 2022/08/14
  • 2022.10.1~の変更について

    query_builder 2022/08/14

CATEGORY

ARCHIVE